このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30079
本文ファイル
別タイトル
A Study on Issues of Arts and Crafts Education and Possibility of Subject Reorganization <II. Special Sesion>
著者
キーワード
図画工作科
美術科
教科再構成
造形遊び
NDC
教育
抄録
図画工作・美術科における問題点は, 教科を再構成することよりも, 環境の改善によって解決するよう考えるべきである。改善がどれも実現不可能であれば, 「中学生の教科学習等に関する基本調査(2004)」によって得られた結果が示唆を与えてくれると思われる。調査からは, 美術科が音楽科, 国語科との連携を図って「自己表現科」という枠組みをつくる可能性が示唆された。また美術科は, 技術科との関連において, 「ものづくり」といった視点で連携を取ることも可能だと思われるが, 長年にわたって別の教科として教育実践を重ねてきた結果, 現状では, 美術科と技術科の間には大きな教科イメージの違いがあり, その点では連携に困難が予想される。
掲載誌名
日本教科教育学会誌
27巻
3号
開始ページ
81
終了ページ
85
出版年月日
2004-12-30
出版者
日本教科教育学会
ISSN
0288-0334
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2004 日本教科教育学会
部局名
教育学研究科