このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 46576
本文ファイル
別タイトル
Japan's Foreign Policy and the Kishi-CKS Talks in 1957
著者
前田 直樹 大学院社会科学研究科
NDC
政治
抄録(英)
The Nobusuke Kishi administration sought to implement a realistic foreign policy towards Taiwan and China, it is the policy of separation of politics and economics (so called SeiKei BunRi). This article argues Japan-Taiwan Relations in 1950s with analyses 2 talks of Kishi and Chiang Kai-shek held in 1957, which shows the differences between Japan's China policy and Taiwan's mainland China policy. Both Japan and Taiwan had showed no willingness to reach to agreement, these attitudes set the tone for the diplomatic relations between the two countries in 1960s.
掲載誌名
廣島法學
42巻
2号
開始ページ
144
終了ページ
128
出版年月日
2018-10-31
出版者
広島大学法学会
ISSN
0386-5010
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
許可なく複製・転載することを禁じる
部局名
社会科学研究科
他の一覧