このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39562
本文ファイル
別タイトル
Music Lessons through Active and Collaborative Learning : Part Practice Using Tablet Devices
著者
キーワード
タブレット
合唱
パート練習
主体的・協働的な学び
tablet devices
vocal
part practice
active and collaborative learning
NDC
教育
抄録
音楽科授業において,よりよい表現を求め,自分の思いが表現できたと感じさせるためには,基礎的な音楽的技能を身につけることが重要である。そのため,効果的に技能を向上させる指導法の開発が必要とされる。そこで,手などの動作を取り入れた発声指導や,比喩的表現を用いたキーワードによる発声指導等の効果の検証に焦点化し,継続して研究を推進してきた。

今年度の研究では,生徒がより効果的に主体的・協働的な学びをするためのツールとして,パート練習におけるタブレット端末の利用を試みた。このことは,生徒が自分たちの演奏を客観的に聴くことが出来るため,生徒が音楽的技能を体得するのに効果的なツールであるという結論を得た。
抄録(英)
In music classes, it is necessary for students to acquire basic skills so that they can develop the ability to express themselves through music. This demands methods of instruction that allow the effective acquisition of musical skills. In this regard, developing instruction methods for clear vocalization are particularly important. The present study focused on confirming effective vocal coaching methods through the use of hand gestures and figurative key phrases. In the present study, we made use of tablet devices in part practice so that students could learn actively and collaboratively. We concluded that tablet devices are an effective tool for acquiring musical skills because they allow students to listen objectively to their own performances.
掲載誌名
中学教育 : 研究紀要
47巻
開始ページ
41
終了ページ
48
出版年月日
2016-03-18
出版者
広島大学附属東雲中学校
ISSN
1344-1531
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
教育学研究科
他の一覧