このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 31698
本文ファイル
別タイトル
Study on the materials for singing education in the kindergarten in the Meiji era : Mainly through the investigation of the morphological point of view of singing materials <Articles>
著者
キーワード
幼稚園唱歌教育
明治時代
唱歌教材
形態的分析
音域・音程・音価
NDC
教育
抄録
本論文の目的は, 現代の幼稚園教育思想の原点ともいえる明治時代に焦点をあて, 幼稚園教育思想の推移と共に変化していった唱歌教材の特徴を明らかにすることである。そのため, 明治時代の幼稚園教育思想及び幼稚園における唱歌教育論の変遷を追うと共に, 唱歌教材の音域・音程・音価の分析調査から算出された統計量をもとに年代順に比較考察を行い, 唱歌教材の形態的側面からその変遷を検討した。その結果, 幼稚園教育思想が次第に幼児の視点に立ったものへとなるにつれ, 大人によって望ましいとされる唱歌教材が, 幼児の能力や特性に適合した唱歌教材へと変化していったことが明確となった。

しかし一方では, 明治中期以降独自の発展を遂げたキリスト教主義幼稚園が出版した唱歌教材は特異な性格を有していたことも明らかとなり, その背景にある唱歌教育観の違いが浮き彫りになった。
抄録(英)
The purpose of this paper is to characterize the changes in materials for singing education, in accordance with the development of the thoughts of kindergarten education, focusing on the Meiji era, when most of the modem thoughts of kindergarten education began.

To achieve this purpose, first, the development of the thoughts of kindergarten education is described; and similar discussion on singing education, is made,then make chronological comparison, based on an analysis of the range of note, interval and time value of the materials, and this is followed by an analysis of the process of the transition in the structure and composition of singing materials.

Based on data, the change in the materials, from one suitable to adults, to materials suitable to children's abilities and characteristics is observed, moreover there is an observed shift in concern for the children themselves.

On the other hand, the peculiarity of the singing materials published for kindergartens under Christian administration which did own development since the middle of the Meiji era, is made clear. The materials reflect the Christian attitudes behind singing education.
掲載誌名
教科教育学研究
11号
開始ページ
27
終了ページ
36
出版年月日
1996-03-31
出版者
広島大学教科教育学会
ISSN
1340-2900
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧