このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 34672
本文ファイル
別タイトル
A Research on teaching technique to encourage middle school students to express a positive behavior toward children in contact experience (2). : Analysis of reflective report on contact experience
著者
東 加奈子
NDC
教育
抄録
新しい中学校学習指導要領技術・家庭 家庭分野においては,「幼児とのふれあい体験を重視すること」が明記され,実践的・体験的な学習活動を重視することが求められている。それに伴い,家庭科学習において幼児への関心を高め,生徒が幼児に対して積極的に働きかけ,その中から共感的な態度を獲得していく指導方法を探ることが必要となった。本年度は,附属三原中学校で実践した幼児ふれあい体験学習において,生徒の体験振り返りレポートの記述内容を分析した。ふれあい体験の振り返りにおいて,女子生徒は,自分自身の感情状態に注意が向きやすい傾向があった。一方男子生徒は,事前の学習における目標や注意点を意識して体験に臨んでいる傾向が認められ,幼児の行動をより客観的に観察することができていた。また,自分の幼児期に関する記述が多く認められた。幼児期の自分と,ふれあっている幼児とを重ね合わせることは,幼児に対するより肯定的なイメージを惹起し,幼児に対する積極的な関わりかけの元となると考えられるため,ふれあい体験の繰り返しの中で,より客観的に幼少時の自分と重ね合わせるような振り返りを行わせることが求められる。
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
41号
開始ページ
205
終了ページ
212
出版年月日
2013-03-22
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
寄与者
権田, あずさ
Gonda, Azusa
ISSN
1346-5104
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧