このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30950
本文ファイル
別タイトル
A Study on Dentition and Occlusion in Children with Infraocclusal Lower First Decidous Molars
著者
伊藤 直子
三浦 一生
キーワード
低位乳歯
歯列
咬合
三次元計測
歯列弓彎曲
Infraocclusal decidous teeth
Dentition
Occlusion
Three-demensional measurment
NDC
医学
抄録
低位下顎第一乳臼歯の存在が歯列咬合関係に与える影響を検討した。対象は男児12名, 女児17名, 計29名の日本人乳児である。歯列研究用模型を用いて, 咬合関係, 歯および歯列の大きさ, 下顎歯列の彎曲について, Hellmanの歯齢別に検討を行い, 以下の結果を得た。

1. 咬合関係

前歯の咬合関係では, 反対咬合の割合が最も高かった。ⅡC期の資料のterminal planeはmesial step typeが最も多く, ⅢA期以降の資料の第一大臼歯の咬合関係はAngleのⅢ級が最も多かった。

2. 歯および歯列弓の大きさ

下顎第一乳臼歯が左右とも低位乳歯である歯列は, 上下顎ともに第二乳臼歯間の歯列弓幅径が小さく, 歯列弓長径が大きかった。

3. 下顎歯列弓の彎曲

下顎第一乳臼歯が左右とも低位乳歯である歯列の彎曲は, 左右差はなく, 左右ともに標準値より大きかった。左右どちらか一方が低位乳臼歯の歯列の彎曲は, 患側は標準値に近かったが, 健側は標準値より大きく, 左右非対称であった。また, ⅡC期よりもⅢA期の方が彎曲が大きく, 第一乳臼歯がより低位である傾向が認められた。

以上の結果より, 下顎第一乳臼歯が低位乳歯である歯列の咬合関係は, 反対咬合である割合が高く, 矢状方向からみた下顎歯列弓の彎曲が強い傾向が示された。
抄録(英)
The purpose of this study was to examine the effects of lower infraocclusal first deciduous molars on the dental occlusal relationship. The occlusal relationship, length of the dental arch, width of the dental arch, and the occlusal curvature of lower dentition were discussed in accordance with Hell-man's dental age using 29 study casts.

The results of this study were as follows:

1. Concerning the anterior occlusal relationship, the anterior crossbite was found to occur with high frequently.

2. Concerning the occlusal relationship of the first molars in materials of dental age IIIA and dental age IIIB, Angle's class III was the most common.

3. For the dentition with lower infrnocclusal first deciduous molars on both sides, the width of the dental arch between the second deciduous molars was small, and the length of the dental arch was large in both maxilla and mandible.

4. The occlusal curvature of the dentition with lower infraocclusal first deciduous molars on both sides was larger than the standard value of the lower occlusal curvature of the normal occlusion.

5. The occlusal curvature of the dentition when one side has no lower infraocclusal first deciduous molar was close to the standard value. On the other hand, the side with the infraocclusal first deciduous molar was larger than the standard value and dissymmetrical with respect to the side with the infraocclusal first deciduous molar.

6. The subjects of dental age IIIA showed a larger curve than those of dental age IIC, showing a tendency of toward infraocclusal first deciduous molars.
掲載誌名
小児歯科学雑誌
41巻
4号
開始ページ
700
終了ページ
709
出版年月日
2003-09-25
出版者
日本小児歯科学会
ISSN
0583-1199
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2003 Authors, 日本小児歯科学会
部局名
医歯薬学総合研究科