このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30523
本文ファイル
別タイトル
A Case Study of Effective Appliance toward Mesial Inclination and Ectopic Eruption of Molar Teeth
著者
吉村 剛
林 文子
キーワード
咬合誘導
MTM
リンガルアーチ
セクショナルワイヤー
Occlusal guidance
Lingual arch
secitonal wire
NDC
医学
抄録
大臼歯の咬合誘導は、その歯根が複根であり、表面積も広いという解剖学的構造などにより、歯の移動には大きな力が必要となる。そのため、これまでに報告された大臼歯の治療法は、数歯にわたる固定源を必要とするものが多く、いずれの治療法も複雑であった。しかし、咬合誘導はできるだけ単純で容易であることが望ましい。そこで著者らは、パワーチェーンやセクショナルワイヤーなとを利用した装置によリ、咬合誘導を2例行った。

下顎第二乳臼歯の低位が原因で、下顎第一大臼歯が近心傾斜し、咬合不全を生じた症例に付しては、リンガルアーチとパワーチェーンから構成されるsimple molar controllerを用いて治療した。

下顎の萌出スペース不足が原因で、下顎両側第二大臼歯が近心傾斜し、萌出困難となった症例に対しては、クリンパブルフックとセクショナルワイヤーを用いて咬合議導を行った。右側はエラスティックの弾性力を、左側はワイヤーの復元カを利用して治療した。

これらの治療の結果、以下のことが明らかとなり、治療法の有効性が示された。

1. いずれの装置も構造が単純で、施術や調整が容易であるため、チェアータイムが短かった。

2. 装置の装着期間は3~7か月と比較的短く、装着期間中に患者が苦痛や違和感を訴えることはなかった。
抄録(英)
It is difficlllt to treat the molar tooth's occlsal guidance, so a simple and easy treatment is desired. Thus, the authors conducted the treatment of the molar tooth's occlusal guidance, by using such simple equipments like a power chain, and sectional wire.

The first case was mesial inclination of the mandibular left first molar because of the submergence of the second primary molar, and treated by using. "Simple Molar Controller" which consisted of the ilngual arch and the secitonal wire.

The second case was ectopic eruption of the mandiblllar both sides second molar, because of lack of eruption space, and we carried out denture guidance by using the crimpable hook and the sectional wire. The right side of the equipment was to utilize elasticity of the elastic and the wire, and the left side was to utilize elasticity of the wire. These two treatment cases showed the reslIlts as follows :

1. Because the structure of the equipment in both cases was simple, the adjustment could be completed in a short time, and the chair time of the treatment was short.

2. The period of fitting equipment was 3-7 months which was comparatively short. The affected patients did not show pain or discomfort during the fitting period.

The results suggest that these methods are technicaly easy, place little burden on the patient, and bring high treatment efficiency.
掲載誌名
小児歯科学雑誌
47巻
5号
開始ページ
780
終了ページ
786
出版年月日
2009-12-25
出版者
日本小児歯科学会
ISSN
0583-1199
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2009 Authors, 日本小児歯科学会
部局名
医歯薬学総合研究科