このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 37954
本文ファイル
別タイトル
The development of lessons for civics to make students's thought deepen through the visualization of the criteria : The lesson innovation to focus on the exchanging between students making use of Toulmin charts and ICT
著者
キーワード
トゥールミン図
ICT
判断基準
Toulmin charts
criteria
NDC
教育
抄録
知識偏重がいわれる今日の社会科教育において,社会の見方・考え方を深めていくこと,すなわち,社会科における思考の深まりは重要である。本研究においては,生徒がトゥールミン図を作成し,ICTを用いて課題に対する意見を説明をする授業を実施し,生徒の思考の深まりを見取ることができるかどうかを明らかにすることを目的とした。その結果,検証授業の成果物からは,取り扱う授業内容によって大きなちがいがあったものの,単純な事実を基準に結びつけるだけでなく,複数の事実を総合的に考察した基準が見られた。これらのことから,トゥールミン図を利用した授業が,特に身近で考えやすい資料をもとに意思決定を求める授業や,そうでない場合でも継続して利用することで,より思考を深めることができることを明らかにした。
抄録(英)
In the pedagogy of social studies focused much on knowledge nowadays, it is important to deepen students' thought about their ways of social thinking. This research aimed to reveal if we could grasp how much students deepen their thoughts through the lessons that students make Toulmin charts and express their opinions about a topic of the lesson using ICT. As a result, students' thoughts based on some facts as well as a single fact were shown from their answers on the handout used in the research lesson, although the differences were found out because of the contents of the lessons. From this consequence, Toulmin charts offered to make students' thought deepen, especially in the lesson of determination of students' intents with some data easy to use and if not, by keeping using the Toulmin charts.
掲載誌名
中学教育 : 研究紀要
46巻
開始ページ
27
終了ページ
33
出版年月日
2015-03-18
出版者
広島大学附属東雲中学校
ISSN
1344-1531
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
教育学研究科
他の一覧