このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 41220
本文ファイル
別タイトル
亜鉛とヒスチジンならびにその関連化合物との錯体生成について
著者
Imamura, Tsuneaki
Hatanaka, Chitoshi
NDC
医学
抄録
食品やその原料となる生物体には各種の金属元素とともに,多くの酸素-および窒素-配位子が含まれる。そこで金属元素の挙動を知るためには,これら金属-配位子の錯体形成に関する知識が必要となる。本報では,pHの異なる各種溶液中で生成するZn-HisおよびZn-含Hisジペプチド錯体について,電位差滴定曲線に基づいて考察した。考察の中心は,Zn錯体形成に関与する配位基と溶液のpHの関係であって,遊離Hisならびにペプチドの構成単位となったHis残基に分けて検討した。

まず,pH6以上の中性およびアルカリ性溶液中ではイミダゾール-NHとα-NH2が配位することを推測し,Fig.2の式IIIを示した。またHistaおよびHisMeと比較することによって,α-COOH基の影響もあり得ると考え,式VIIを示した。

次に,全く側鎖をもたないGlyとHisから成るジペプチドすなわちHisGlyおよびGlyHisを比較し,さらにGlyGlyと比べることによって,イミダゾール核がZn錯体を安定化させ,Zn(OH)2の沈澱形成をかなり抑制することについて考察を加えた。

この種の報文は少なく,とくにHisを含むペプチドとZnの錯体生成に関する報文は始めてのものである。
抄録(英)
Formations of Zn-histidine, -histamine, -histidine methylester, -histidylglycine, -glycylhistidine and -glycylglycine complexes in aqueous solution were examined by means of a potentiometric titration method. On the basis of the results obtained the possible chemical structures were given to the individual complexes. The main object of this investigation is to know what donor groups of histidine participate in the Zn-complex formation at a given pH value.

In neutral and alkaline solutions above pH 6, the imidazole and the a-NH2 groups of histidine coordinate to the Zn ion and form the Zn-histidine (1:2) complex. In acidic solutions, the a-COOH group also coordinates and forms the Zn-histidine (1:1) complex together with the above two groups. The complexes formed by the participation of the imidazole group of histidine are considered to be more stable than the Zn-glycine or -glycylglycine complex by reason of the difficulty in the precipitation of Zn(OH)2 during the titrations. This was also the case for the Zn-histidine-containing dipeptide complexes.
掲載誌名
広島大学水畜産学部紀要
14巻
1号
開始ページ
15
終了ページ
22
出版年月日
1975-08-30
出版者
広島大学水畜産学部
ISSN
0440-8756
NCID
NAID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧