このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 43434
別タイトル
General Anesthesia Management Combined with Thoracic Wall Block for Mastectomy on a Patient with a History of Aortic Valve Replacement
著者
佐藤 浩毅
田口 志麻
原木 俊明 大学院医歯薬保健学研究院(医) 広大研究者総覧
濱田 宏 大学院医歯薬保健学研究院(医) 広大研究者総覧
河本 昌志 大学院医歯薬保健学研究院(医) 広大研究者総覧
キーワード
胸壁ブロック
PECSブロック
胸横筋膜面ブロッ ク
大動脈弁置換術
S字状心室中隔
thoracic wall block
pectoral nerve block
transversus thoracic muscle plane block
aortic valve replacement
sigmoid shaped ventricular septum
NDC
医学
抄録(英)
Thoracic wall block is a useful tool for analgesia in a patient receiving mastectomy. To select an analgesic method with sufficient analgesic effect and little influence on cardiovascular dynamics is important for perioperative management of the patients whose cardiovascular dynamics are desirable to be stable. We experienced a patient who had an increased pressure gradient from the left ventricle to the aortic valve, accompanied by the sigmoid shaped ventricular septum developed after aortic valve replacement. By using pectoral nerve block and transversus thoracic muscle plane block combined with general anesthesia, we managed this patient uneventfully and safely.
内容記述
本論文の要旨は,日本麻酔科学会 中国・四国支部 第53回学術集会(2016年,岡山)で発表した。
掲載誌名
麻酔と蘇生
53巻
1・2号
開始ページ
21
終了ページ
23
出版年月日
2017-06-20
出版者
広島麻酔医学会
ISSN
0385-1664
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
医歯薬保健学研究科
病院
備考
当論文は著作権者の意向により非公開とする。
他の一覧