このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 43432
別タイトル
Fluoroscopy Guided Thoracic Paravertebral Block in Transapical Transcatheter Aortic Valve Implantation
著者
福原 久美
濱田 宏 大学院医歯薬保健学研究院(医) 広大研究者総覧
河本 昌志 大学院医歯薬保健学研究院(医) 広大研究者総覧
キーワード
経カテーテル大動脈弁留置術
術後疼痛管理
胸部傍脊椎ブロック
transcatheter aortic valve implantation
postoperative pain
thoracic paravertebral block
NDC
医学
抄録(英)
We report a novel technique of thoracic paravertebral block in transapical transcatheter aortic valve implantation. Radiopaque catheter for continuous paravertebral block was placed by the surgeon via guiding sheath inserted to the paravertebral space from posterior intercostal wound margin. Fluoroscopy was used for guidance of the sheath and the catheter. Postoperative course was uneventful with adequate pain control. We consider this technique can be useful for perioperative pain management in transapical transcatheter aortic valve implantation.
内容記述
本論文の要旨は日本区域麻酔学会第3回学術集会(2016年,弘前)において発表した。
掲載誌名
麻酔と蘇生
53巻
1・2号
開始ページ
11
終了ページ
14
出版年月日
2017-06-20
出版者
広島麻酔医学会
ISSN
0385-1664
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
医歯薬保健学研究科
病院
備考
当論文は著作権者の意向により非公開とする。
他の一覧