このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 33660
本文ファイル
別タイトル
How Does Intellectual Property Rights Protection Affect Establishing Affiliates and Licensing?
著者
キーワード
知的財産権
模倣能力
特許料等使用料
関連会社
ライセンシング
Intellectual Property Rights
Imitative Ability
Loyalties and License Fees
Foreign Affiliates
Licensing
NDC
経済
抄録
知的財産権の保護強化が国際取引に与える影響に関する研究は数多い。知的財産権の保護強化が貿易量に与える効果、直接投資あるいは関連会社の設立に与える効果、ライセンシングに与える効果などが主な分析対象となっている。複数の対象に与える影響が分析されている研究もあるが、貿易・関連会社設立・ライセンシングの3種類への影響を直接比較することはできない。特に、ライセンシングへの効果を測る指標は他の2つと大きく性格が異なっているからである。

本稿では、アメリカ合衆国の比較可能なデータを用いて、知的財産権保護強化が関連会社設立とライセンシングを比較検討する企業の行動にどのように影響しているかを検証する。ここで、焦点を当てるのは、直接投資によってもライセンシングによっても生じうる特許等使用料取引である。
抄録(英)
Many previous studies have investigated the impacts of intellectual property rights protection on international trade. They have aimed to analyze the relationship between intellectual property rights and export, establishing an affiliate abroad and licensing. Some studies have considered the effects of intellectual property rights protection on multiple channels of trade empirically. However, it is impossible to compare the impacts on these three channels directly, because the measure of licensing is different from the other two.

This paper examines the impacts of intellectual property protection on US firms' decisions about serving foreign market; whether by establishing an affiliate abroad and/or licensing knowledge assets to an unaffiliated firm. We focus on loyalties and license fees account in the US balance of payments.
掲載誌名
地域経済研究
23号
開始ページ
61
終了ページ
70
出版年月日
2012-03
出版者
広島大学大学院社会科学研究科附属地域経済システム研究センター
ISSN
1884-7455
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科
他の一覧