このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39147
本文ファイル
別タイトル
A Study of Be Capable of Doing <Research Note>
著者
多田羅 平
キーワード
English usage
English synonyms
English grammar
English corpus linguistics
English lexicography
NDC
英語
抄録(英)
This paper explores the usage of the structure capable of doing employing the largescale corpus, WordbanksOnline. It demonstrates that capable of doing is preferred to can do, in which the subject has the ability to achieve an action through a high degree of skill or special knowledge. In this case, particular verbs, such as produce, score, or sustain, are likely to be used, as in capable of producing/scoring/sustaining. The data also shows that using capable of doing is not suitable when referring to the subject’s achievement of an action through external circumstances rather than personal abilities.
内容記述
本稿の一部は2015年度科学研究費補助金(基盤研究(C),「コーパスを活用した英語シノニム・語法研究」)によるものである。
掲載誌名
広島大学大学院総合科学研究科紀要. I, 人間科学研究
10巻
開始ページ
43
終了ページ
57
出版年月日
2015-12-31
出版者
広島大学大学院総合科学研究科
ISSN
1881-7688
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2015 by Graduate School of Integrated Arts and Sciences, Hiroshima University All rights reserved
部局名
総合科学研究科
他の一覧