このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 43386
本文ファイル
別タイトル
Active learning in junior high school social studies (I): Reading of the history in the daily life of the student
著者
池野 範男 大学院教育学研究科
草原 和博 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
具志堅 加奈
NDC
教育
抄録
本研究の目的は,歴史に対する学びを深めるアクティブ・ラーニングを実践するために,歴史の取り扱いをどのように変化させることができるのかを解明することである。
このため、科学的・実証的とされる歴史だけでなく,生徒の日常にある歴史を歴史学習では取り上げることができること,そして,生徒と生徒,生徒と教師が協力して歴史に対する学びの資質を向上できることを示し,実際に、単元「藤原道長に返歌を送ろう」を開発・実践したことを説明した。
この結果,本研究の意義として、中学社会科歴史的分野におけるアクティブ・ラーニングは,歴史認識の在り方を変革し,教科書や歴史学者の歴史を客観的なものから主観的なものへ転換する。そして,生徒自らが歴史を語れるように,学びの資質を向上させる活動となることを示すことができた。
抄録(英)
A purpose of this study is to elucidate it how you can change the handling of the history to practice active learning to deepen learning for the history.
Therefore, what can take up the history in the daily life of the student by the history learning as well as the history told to be like scientific proof, and ,I show that a student, a student and a teacher cooperate with a student and can improve nature of the learning for the history,and ,I really practiced a class.
As a result, as significance of this study, the active learning in the junior high school social studies historic field revolutionizes attitude of history recognition,and I switch the history of a textbook and the historian from an objective thing to a subjective thing,and I was able to show that it became the activity to improve nature of the learning so that student oneself could recite the history.
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
45号
開始ページ
99
終了ページ
109
出版年月日
2017-03-31
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2017 広島大学学部・付属学校共同研究機構
部局名
附属学校部
教育学研究科
他の一覧