このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 24670
本文ファイル
Thumnail 50-1002.pdf 1.15 MB
別タイトル
Oceanographic Characteristics of Hiroshima Bay Seasonal and Spatial Variations from 1989 to 1993
著者
松田 治
米井 好美
キーワード
海水交換
環境傾斜
富栄養化
広島湾
enviromental gradients
eutrophication
Hiroshima Bay
water exchange
NDC
水産業
抄録
広島湾の海況の時空間変動と平均像に関する解析を、1989年から1993年の5年間の観測結果を用いて行った。広島湾は湾奥から湾口にかけての南北の環境傾斜が大きく、広島湾の海況特性は厳島と西能美島の間の那沙美瀬戸を境に北部海域と南部海域に二分されていた。北部海域は海況の季節変動が大きく、夏季には密度成層が発達していた。また、北部海域は太田川河口から那沙美瀬戸にかけて南北方向の環境傾斜が顕著であり、閉鎖性の強い典型的な富栄養海域であることが明らかになった。一方、南部海域は海況の季節変動が小さく、一年を通して鉛直混合が卓越していた。また、この海域のクロロフィルa温度分布には密度分布にみられた東西方向の勾配がみられなかったことは、湾奥部からの直接の栄養塩供給の影響が小さく、西部の河川水による栄養塩負荷量がそれほど大きくないのに対して、柱島水道を通しての海水交換により、湾外水、特に安芸灘の水塊の影響を強く受けているためと考えられる。
抄録(英)
Seasonal and spatial variations of the oceanographic conditions in Hirosima Bay were characterized using the results of the field observations from 1989 to 1993. In Hiroshima Bay, the north-south enviromental gradients from the head to the entrance of the bay were observed. From the gradients, the bay is classified into two major regions, the northern and southern regions, by Nasami Strait where is located between Itsuku Is. and Nishi-Noumi Is. In the northern region, the seasonal variations in the oceanographic factors were remarkable and the density stratification developed in summer. In this region, the north-south enviromental gradients from the estuary of the Ohta River to Nasami-Strait were especially remarkable. This result indicated that this region is very stagnant and highly eutrophic. While, in the southern region, there was the west-east density gradient of surface sea water in the horizontal distribution. On the other hand, the horizontal distribution of chlorophyll a was roughly homogeneous, which shows relatively small influence of the nutrient loads from both the west and the north. Therefore, it is suggested that the southern region would be strongly influenced by the outside waters, in particular, the water of Aki-Nada adjacent to Hiroshima Bay.
掲載誌名
生物生産学研究
33巻
1号
開始ページ
9
終了ページ
19
出版年月日
1994-06
出版者
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
ISSN
1341-691X
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧