このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 44987
本文ファイル
著者
NDC
教育
抄録
本稿では,執筆者である授業者が,2014年度に入学した高校1年生を,教科窓口として3年間継続して行った英語教育実践を通じて,表現力育成と精読活動との間に見出した関連についてのものである。当初,表現能力の育成にあたっては,表現活動に重きを置いた指導を行うことが重要であると考え,実践を行っていたが,生徒に求めるスキルが高まるにつれ,表現活動を行うための事前の指導として精読指導が有効であるという考えに至った。本稿では,その経緯と精読指導の実践例をまとめる。精読活動の有効性の再検討を促すことができれば幸いである。
掲載誌名
中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校
57巻
開始ページ
210
終了ページ
215
出版年月日
2017-03-31
出版者
広島大学附属福山中・高等学校
ISSN
0916-7919
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧