このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 31263
本文ファイル
別タイトル
Research of Environment education materials applied with environment sensor data (3) : Study of science general education using carbon dioxide data
著者
古瀬 健太郎
NDC
教育
抄録
本研究は, 二酸化炭素の振る舞いを軸とした環境学習について, その可能性を検討するものである。

環境学習の課題の一つとして, 実験がおこないにくい点が挙げられる。日常生活における経験をいかに学習に結びつけるかを課題として, 我々は気象センサーデータの気象学習への利用について, これまで検討と実践をおこない, その効果を確認してきた。本年度は二酸化炭素のセンサーを用い, そのデータを活用した, 教材開発をおこなった。二酸化炭素については, 地球温暖化やCO2排出量の削減, 取引といった話題がマスメディアで取り上げられていることもあり, 生徒にとっては知名度の高いものである。しかしながら, 二酸化炭素は有害である, 二酸化炭素はゼロにするべき, といった極端な考えを持つ生徒も多い。

そこで, 一日の二酸化炭素の変化について, センサーデータを用いた考察をおこなうことで, 二酸化炭素の性質を理解し, 科学的な思考力を高めることを目的とした。

本年度, センサーを用いた授業を実施した結果, センサーデータを授業で活用することによる環境学習の発展には, 大きな可能性があるという結論に至った。
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
39号
開始ページ
331
終了ページ
334
出版年月日
2011-03-24
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧