このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 35459
本文ファイル
別タイトル
Future Issues in Developing an Inclusive Education System in Japan : The Roles that Universities should Play in <Feature Article>
著者
Forlin, Chris
落合 俊郎
蘆田 智絵
キーワード
インクルーシブ教育
インクルージョン
教師教育
教員養成
NDC
教育
抄録
インクルーシブ教育の実施・推進は,国際的に見ても多くの課題があるのが現状である。インクルーシブ教育の指針を効率的かつ効果的に制度化するには,インクルーシブ教育を実施することの意義や責務に対する教師の認識が重要な鍵を握っている。本稿では,インクルーシブ教育システムの構築・推進に向けた改革のあり方,インクルージョンの障壁を取り除くこと,インクルージョンに向けた学校の再構築,教員養成,ならびに教師教育における大学の役割について検討した。
掲載誌名
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター研究紀要
12号
開始ページ
25
終了ページ
37
出版年月日
2014-03
出版者
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター
ISSN
1883-5406
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧