このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 26321
本文ファイル
別タイトル
Production of an index which perceives "the power of expression as self-expression", and "the power of expression for telling an object"
著者
鹿江 宏明
青原 栄子
大和 浩子
神山 貴弥
NDC
教育
抄録
本研究は, グローバル化した現在の社会において必要不可欠な表現力を育成するための指標について検討することを目的に行った。1年目の今年度は, 子どもの実態を考慮した表現力の発達段階表を作成した。表作成における基礎データは, 筆者らの所属する幼稚園, 小学校, 中学校の教員を対象に行った聞き取り調査である。表は, 言語的表現力と非言語的表現力それぞれについて, 相手にかかわらず表現・伝達する際にできていて欲しいこと, 相手を意識して表現・伝達するという点でできていて欲しいことを分類・整理したものである。表は, 作成後に, 筆者らの所属する幼稚園, 小学校, 中学校の教員から妥当性についての意見聴取を行い修正した。次年度は, 作成した発達段階表を基に, 子どもたちの日常生活における表現力を見取るパフォーマンス課題とルーブリックを作成・試行する予定である。
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
37号
開始ページ
87
終了ページ
91
出版年月日
2009-03-31
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧