このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45512
本文ファイル
別タイトル
Special Needs Education Coordinator’s Practice Utilizing Facilitation: Based on the Practices of a School’s In-house Committee on Special Needs Education (Case Discussion), Consultation, and Training Activities
著者
実政 修
竹林地 毅 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
キーワード
ファシリテーション
組織的・協働的な課題解決
校内委員会
相談活動
研修
facilitation
organizational/cooperative problem-solving
school committee
consultation/training
NDC
教育
抄録
特別支援教育に携わる教師の専門性の1つとして、「組織的、協働的に課題の解決のために取り組む専門的な力」が必要とされている。ファシリテーションの能力はその1つであると考えられる。本報告では、中学校におけるファシリテーションを活かした校内委員会の会議(ケース会議)の実践、特別支援学校の地域支援を担当する特別支援教育コーディネーターのファシリテーションを活かした相談・研修の実践について、それぞれの概要、成果と課題を報告するとともに、教師のファシリテーションの能力を高めるための方策を検討する。
抄録(英)
Teachers involved in special needs education require the ability to resolve issues organizationally and cooperatively. The ability to facilitate can be considered a key skill in this regard. In this report, we will look at a school committee meeting at a junior high school (case discussion), and consultation and training requiring facilitation by the special needs education coordinator in charge of regional support for special needs education schools. We will then report an overview, performance summary, and issues for each, and consider ways to improve teachers’ abilities to facilitate.
掲載誌名
特別支援教育実践センター研究紀要
16号
開始ページ
25
終了ページ
35
出版年月日
2018-03-21
出版者
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター
ISSN
1883-5406
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧