このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 34520
本文ファイル
別タイトル
Development of the Curriculum of the Skill for Collaboration and Creation : Learning From Management of a Workshop <Practical Reserch>
著者
山本 美瑛
キーワード
連携・協力
協働・創造のためのスキル
授業の開発
ワークショップ企画・運営
NDC
教育
抄録
学校において特別支援教育コーディネーターになることが期待される大学院生や特別専攻科学生を対象として,ファシリテーションのスキルを学ぶ授業を開発した。平成23年度は希望者による自主的な学習活動として試行し,平成24年度から,大学院特別支援教育学専攻と特別支援教育特別専攻科コーディネーターコースの授業として位置づけた。授業の一環として,履修した学生が現職の教員や大学生を対象としたワークショップを企画・運営するようにし,学びをさらに深めることを意図した。

開発・実施した授業について,ワークショップの企画・運営の効果を「ファシリテーションのスキルの実践的な知識と技能の深まり」「ワークショップの実践的な知識と技能の深まり」の2点から,また,ワークショップに大学生と現職教員が参加することの効果を「年齢・経験の異なる者によるシナジー効果」から検討した。
掲載誌名
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター研究紀要
11号
開始ページ
71
終了ページ
79
出版年月日
2013-03
出版者
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター
ISSN
1883-5406
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧