このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 37560
本文ファイル
別タイトル
Development of activities related to feeling, thinking, and expressing : Connecting kindergartens to elementary schools through the formation of an environment fostering relationships
著者
NDC
教育
抄録
本研究は,幼稚園教師・小学校教師が異校種の保育・授業に参加し,その経験をふまえながら,それぞれの専門性を生かして交流することを通し,幼小の接続期における教育活動を開発することを目的とする。なお,現時点では接続期を幼稚園年長組から小学校1年生までととらえ,環境構成とは,様々な環境条件を相互に関連させながら幼児が主体的に活動を行い,発達に必要な経験を積んでいくことができるような状況をつくり出すことであるととらえている。  

研究の方法としては,(1)相互の保育・授業の参観後,質問紙調査(2)小学校教師が年長児対象に,TT体制で保育に参加(3)保育参加後に協議,という3点を行った。  

本研究により,子どもの「感じ,考え,表す」力を育むための環境構成として,主に次の3点が明らかになった。1点目は教師のかかわりについてである。いくつかのかかわりが必要であることが明らかになったが,子どもの実態やねらいに応じて配慮されるものである。2点目は,教材の生かし方である。3点目は,保育・授業形態についてである。2点目,3点目についてはそれぞれに特徴があるが,互いによさを学び合うことでさらなる質の向上が期待される。
抄録(英)
This research aims to develop educational activities during the connection period, allowing interactions to occur and the key elements of each area of expertise to be utilized. The “connection period” is the time at which five-year-old kindergarten pupils begin to prepare to move up to elementary school at the age of six. The study contained three aspects: (1) visits between kindergarten and elementary school classes were arranged, (2) elementary school teachers joined in the childcare at kindergarten, and (3) the kindergarten and elementary school teachers consulted with one another. The following three points were revealed as being important in terms of creating an environment that cultivates children’s abilities in feeling, thinking, and self-expression: (1) the relationship among the teachers, (2) the sharing of teaching materials, and (3) styles of teaching and learning. The second and the third points are connected to one another, and it is expected that the first point will lead to further improvements in the quality of the “connection period.”
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
43号
開始ページ
213
終了ページ
221
出版年月日
2015-03-26
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧