このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 47668
本文ファイル
著者
Akai, Kiioakius 大学院文学研究科 広大研究者総覧
抄録(他言語)
K. Jaspers commemorat res societatum philosophorum seu hominum qui praetendunt philosophari. Haec commemoratio vero videtur condemnare mores hominum qui praetendunt philosophari. Refert igitur nostra considerare per quam causam hi greges philosophorum investigare communiter non possunt.
Rursus explicat haec opinio quam J. G. Fichte videtur surgere in parte, quamvis quodque systema philosophicum in dubium venit.
Husserl vero putat subiectum purum quod discernitur a cogitatione Cartensiana. Et suiectum purum non est individiuo, sed permanet. Contra hoc, F.W. J. Schelling proponit identitatem mentis et naturae.Si igitur aliquis grex philosophorum visibile est aliquod signum naturae invisibilis, aliqua opinio alicuius gregis philosophorum est aliquod indicium naturae invisibilis communis seu subiecti puri quod permanet.
内容記述
広島大学比較論理学プロジェクト研究センター研究成果報告書(2018年度)
掲載誌名
比較論理学研究
16号
開始ページ
1
終了ページ
4
出版年月日
2019-03-25
出版者
広島大学比較論理学プロジェクト研究センター
ISSN
1880-6376
NCID
言語
その他
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
文学研究科
他の一覧