このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 43382
本文ファイル
別タイトル
A Study on Effective Support of Pre-service Teachers in Practice Teaching(2): Through the Analysis of Small-group Learning in Pre-service Teachers’ Mathematics Lessons
著者
井上 芳文
折口 香織
森脇 政泰
小山 正孝 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
下村 哲 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
影山 和也 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
NDC
教育
抄録
本研究の目的は,教育実習生の認識に関する調査や実践される授業の分析を通して,効果的な実習指導に向けた示唆を得ることである。アンケートによる調査や学習指導案の分析によって,教育実習生が授業の中に小集団学習を取り入れる際の困難性が示された。また,小集団学習に関する利点やそれを実施する際の留意点に関して,教育実習生が多くの視点を持ち合わせている一方で,高等学校における小集団学習を取り入れた授業の経験が少ないことも明らかとなった。これらのことから,実習指導においては次のような点に重点を置いた支援が重要であると考えられる;
1) 小集団学習を位置づける目的を明確にし,個人の思考の場面も適切に確保すること
2) 小集団学習での目標を生徒に明確に示すこと
3) 小集団学習と個人あるいはクラス全体での学習との関連性を把握すること
4) 小集団学習と学習評価との関わりに注意を払うこと
抄録(英)
This study aims to highlight the implications of effective support in practice teaching by analyzing a survey administered to pre-service teachers. Through the analysis of teaching plans and questionnaire surveys, we identify the difficulties that occur when trainee teachers set up small-group learning in their lessons. From the questionnaires, we found that trainee teachers have many opinions about the advantages or disadvantages of such lessons, although they had little experience of small-group learning from their time at high school. The results of the analysis suggest that the following points are important when we instruct trainee teachers:
1) Clarify both the purpose of small-group learning and how to conduct individual learning;
2) Show students the aim of small-group learning;
3) Ensure trainee teachers review small-group learning for relating it to whole or individual learning;
and
4) Ensure trainee teachers pay attention to the relationship between small-group learning and learning evaluations.
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
45号
開始ページ
53
終了ページ
63
出版年月日
2017-03-31
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2017 広島大学学部・付属学校共同研究機構
部局名
附属学校部
教育学研究科
他の一覧