このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 42763
本文ファイル
別タイトル
Utilizing the VPDCA Cycle: A Way to Support Student Council Activities Based on Active Student Guidance
著者
NDC
教育
抄録
本稿は,生徒会活動を通して,規範意識を育みながら全ての生徒の「自己指導能力」を高めるために,生徒会活動への効果的な教員の支援のあり方を考察し,その具体的な方策を提起することを目標としている。これを達成するために,平成28年の中学生徒会執行部を中心とした中学校生徒会活動に対して具体的な実践に取り組んだ。その結果,生徒会活動を通して,規範意識を育みながら全ての生徒の「自己指導能力」を高めるためには,生徒が生徒会活動を総括し改善策を考える段階で教員が意図的に活動テーマとなる目標や目的を関連付けたり,教員が情熱をもって積極的生徒指導の視点で生徒に関わったりする支援が有効であった。一方,エビデンスが示された総括資料を用いて話し合いをする場面で,自分が集団に対して役に立っているという気持ちを生徒がもてる話し合い活動を仕組むための手立てや,全職員で共通認識ができているアクティブ・ラーニング型の積極的生徒指導に取り組む方策とその手順を明らかにする課題があった。
抄録(英)
The purpose of this research is to consider effective teacher support for student council activities and to implement concrete measures to improve students’ ability self - instruction while nurturing normative consciousness. To achieve this goal, I worked on a concrete practice for middle school student council activities in 2016. Based on this practice, two effective methods were identified. One requires teachers to outline intentionally targeted goals and objectives and for students to summarize student council activities and consider improvement measures. The other is that teachers strongly associate with students from the viewpoint of active student guidance. However, two problems have been identified. One is the need to improve student involvement in a group setting where they discuss the use of summary material on which evidence is presented. The other is to clarify methods and procedures where all faculty members can engage in active learning type student guidance together.
掲載誌名
中等教育研究紀要
63号
開始ページ
99
終了ページ
111
出版年月日
2017-03-31
出版者
広島大学附属中・高等学校
ISSN
1349-7782
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧