このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 26156
本文ファイル
著者
キーワード
right of self-determination
informed consent
surrogate decisionmaking
substituted judgement
best interest
NDC
法律
抄録
医療・福祉において自己決定権は重要であるが, 同時に代行決定の要請をも考慮に入れなければならない。代行決定ルールの構成要素には, ①代行決定がいつ求められるのか, ②判断能力の有無の判定を, いつ, 誰が, どのように行なうのか, ③誰が代行決定者となるのか, ④代行決定者の権限の範囲はどこまでか, ⑤代行決定は何を基準に行なわれるのか, といった諸点が含まれ, これらの論点の背後に, 自己決定権とその対抗原理(生命・健康の保持)との相剋という問題が潜んでいる。このような視点から日本の現行法制を概観すると, 福祉や一般医療で代行決定ルールが過少であるのに対して, 精神医療では過剰であるという事実が浮かびあがる。本稿では, 日本と比較するためにドイツおよびアメリカ合衆国の法制を検討したうえで, 自己決定権に適合的な代行決定ルールのあり方を探った。
内容記述
特集 精神科医療における保護者・成人後見の問題点と評価
掲載誌名
精神科診断学
10巻
1号
開始ページ
7
終了ページ
22
出版年月日
1999-03
出版者
日本評論社
ISSN
0915-7301
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科