このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 37566
本文ファイル
別タイトル
Fostering competence in the global disposition through social studies based on the legal mind (2)
著者
NDC
教育
抄録
本研究を実践することで,他者の異なる意見に耳を傾け,具体的な根拠を挙げて議論できるようになり,同時に自由や平等,公正さといった基本的価値に留意しつつ,関連する法制度や具体的な問題を理解・評価できるようになると考える。そこで,新しい権利として憲法第13条を根拠とする自己決定権に焦点をあてた。死の迎え方を決定するのは,患者本人でなければならず,その前提として十分な情報が提供され,十分な説明がなされ,患者の任意かつ真意にもとづいた意思の表明がなされていることが必要であることを,法的経験の場の中で考えさせることができた。この経験は,国際的資質を育成する上で求められるリーガルリテラシーに裏打ちされたリーガルマインドの視点から見ても,意義あることだと考える。成果としては,具体的に積極的安楽死を日本で認めることの是非を考えることで,事実をつかみ,思考・判断することで,自分の考えを整理し,さらに他の意見と比較考量することで,より望ましい社会を形成していくことに繋がっていくことを理解することができた。今後は,実践の更なる積み重ねを通じて,生徒がより効果的にリーガルマインドを育てることのできるカリキュラム開発を行っていきたい。
抄録(英)
The purpose of this study speaks grounds to hear the opinion of the person except oneself concretely and comes to be able to discuss. I understand the law that is connected to it and the concrete problem, while being careful about values such as freedom, equality, and fairness. I paid attention to a new right, “deciding by oneself,” based on “constitution Article 13”: It must be the person, the patient, who decides when to die. I explained this right to a patient carefully, who understood it and explained how it is necessary to express one’s true feelings. In relation to the viewpoint of “the legal mind,” which is based on “legal literacy,” which is demanded to bring up international nature, this experience is important. I considered this matter by considering the Japanese case, which led me to think about “active euthanasia” and, in what I judged, was able to arrange one’s thought. I contemplated whether “active euthanasia” might be accepted in Japan. Furthermore, I was able to understand that it was made more desirable to society by posing it as considering the opinion of the concerned person. I will repeat the practice in future. Moreover, a junior high school student wants to develop the curriculum to improve teaching about the “legal mind.”
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
43号
開始ページ
263
終了ページ
272
出版年月日
2015-03-26
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧