このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45782
本文ファイル
別タイトル
Experimental Use of Error-based Simulation for Force on Moving Object in Science Class at Junior High School
著者
篠原 智哉
今井 功
東本 崇仁
堀口 知也
山田 敦士
林 雄介 大学院工学研究科 広大研究者総覧
平嶋 宗 大学院工学研究科 広大研究者総覧
キーワード
力学
はたらく力
誤りの可視化
Error-based Simulation
NDC
教育
抄録
初等力学の問題解決においては,対象としている系にはたらく力の把握が必要であるが,この過程が最も難しいとされており,学習支援の対象として重要といえる.筆者らはこれまでに,このはたらく力を対象とした学習支援として,物体が速度をもたない静止系における力の把握を対象として,学習者の誤りに基づくシミュレーションであるError-based Simulation(EBS)の利用を試みており,授業での利用を通して学習効果の確認も行っている.本研究では,物体が速度をもつ運動系を対象としたEBS による学習支援効果の調査を授業での利用を通して行った.結果として,事前テストにおける成績と,利用方法により効果が異なることが示された.
掲載誌名
電子情報通信学会論文誌 D
J99-D巻
4号
開始ページ
439
終了ページ
451
出版年月日
2016-04-01
出版者
電子情報通信学会
ISSN
1881-0225
NCID
出版者DOI
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2016 IEICE
関連情報URL
部局名
工学研究科