このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 24741
本文ファイル
Thumnail 61-0115.pdf 858 KB
別タイトル
Utilization and Excretion of Dissolved Organic Phosphorus by Atexandrium tamarense (Hiroshima Bay Strain)
著者
樽谷 賢治
河原 睦恵
呉 碩津
キーワード
Alexandrium tamarense
取り込み
排出
溶存態有機リン
dissolved organic phosphorus
excretion
uptake
NDC
地球科学・地学・地質学
抄録
有毒渦鞭毛藻 Alexandrium tamarense 広島湾株による溶有態有機リン(DOP)の取り込みと排出に関して、広島湾汲み置き海水を用いたパッチ培養と半連続培養による実験を行った。バッチ培養では、培養液中のリン酸塩濃度約2μMを境に、それ以下で有意な正味のDOP取り込み、それ以上で正味の排出が見られた。半連続培養では、A. tamarense は希釈率が大きく、培地中の十分なリン酸塩を利用して活発に増殖している場合にDOPの正味の排出を示した。以上のことから、予備的実験結果ではあるが、A. tamarense 広島湾株はリン酸塩濃度が低い場合にはDOPを利用し、リン酸塩濃度が高くて活発に増殖している場合にはDOPを排出することが示唆された。
抄録(英)
Capability of utilization and excretion of dissolved organic phosphorus (DOP) by the toxic dinoflagellate Alexandrium tamarense (Hiroshima Bay strain) was investigated with both batch and semi-continuous cultures using natural aged-seawater from Hiroshima Bay. In the batch cultures, significant net DOP uptake was detected in phosphate concentrations below 2μM, while net DOP excretion was observed above this concentration. The semi-continuous culture showed that A. tamarense excretes DOP at high dilution rates. At these rates, this organism grows fast by utilizing sufficient phosphate in the medium. These experiments, although preliminary, suggest that A. tamareme (Hiroshima Bay strain) can utilize DOP of natural seawaters under a condition of low phosphate concentration and excretes DOP under a condition of high phosphate concentration.
掲載誌名
生物生産学研究
38巻
2号
開始ページ
151
終了ページ
159
出版年月日
2000-01
出版者
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
ISSN
1341-691X
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧