このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 24729
本文ファイル
Thumnail 57-0604.pdf 1.31 MB
別タイトル
広島湾の垂下式カキ養殖による粒状物質の取り込みと排出
著者
Songsangjinda, Putth
Matsuda, Osamu
Rajendran, Narasimmalu
Maeda, Hajime
キーワード
Crassostrea gigas
Hiroshima Bay
oyster culture
sinking particles
カキ養殖
沈降粒子
広島湾
マガキ
NDC
水産業
抄録
沿岸域で行われている垂下式カキ養殖による粒状物の取り込みと排出の季節変動を定量的に明らかにするため、1995年10月~1996年8月に広島湾の養殖筏を対象に研究を行った。筏(200m2)の上流と下流の粒状物質(PM)、クロロフィルa(Chl. a)および粒状態有機炭素(POC)・窒素(PON)・リン(PP)を測定した。筏下および対照海域(筏から100m)における沈降物の質量(SM)、炭素(SC)・窒素(SN)・リン(SP)量を測定した。筏に流入する海水の上流側と下流側での粒状物質のC:N:P比に違いはなかったが、それらの濃度には有意な違いが見られた。筏下と対照海域でのSMフラックスは大きく異なっていた。これらのことは、垂下式カキ養殖が物質の取り込みと排出という面で大きな役割を果たしていることを示している。さらに、筏での粒状物質の取り込みと排出の季節変動は大きいことがわかった。すなわち、PM、Chl. a、POC、PON、PPの取り込みは、それぞれ1.1-8.5kg DW raft-1 h-1、0.8-2.8g raft-1 h-1、6.7-43、1.3-7.0、0.09.-0.30g atom raft-1 h-1 であった。広島湾の垂下式カキ養殖による POC と Chl. a の取り込み速度は他の海域の高密度天然カキ礁やイガイ床で報告されている値と同程度である。筏下におけるSM、SC、SPの沈降フラックスは約60-1、400g DW raft-1 h-1、1、4-12、0.1-0.6、0.01-0.06g atom raft-1 h-1であった。この研究の結果は、広島湾において粒状物質の水柱からの取り込みと海底に対する負荷という点で、垂下式カキ養殖が果たしている役割が大きいことを示している。
抄録(英)
Seasonal variations of the uptake and release of particulate materials by suspended oyster culture were quantitatively investigated at a floating raft (size of 200 m2) in Hiroshima Bay during October 1995 to August 1996. Samples of inflow and outflow water at the raft were analyzed for particulate matter (PM), chlorophyll a (Chl. a), and particulate organic fractions of carbon, nitrogen and phosphorus (POC, PON and PP). Sinking particles collected under the raft and ambient area (100 m away from the raft) were analyzed for sinking mass (SM) and sinking carbon, nitrogen and phosphorus (SC, SN and SP). Although the differences in C:N:P atomic ratios of particulate matter between the inflowing and outflowing waters were not significant, but materials concentration of these two waters showed significant differences. SM fluxes under the raft and the ambient area were significantly different. These results indicated the role of suspended oyster culture on materials uptake and release. In addition, the rates of uptake and release of particulate materials at the raft were found to vary with season. The uptakes of PM, Chl. a, POC, PON and PP were found in the range of 1.1-8.5 kg DW raft-1 h-1, 0.8-2.8 g raft -1 h-1, 6.7-43, 1.3-7.0 and 0.09-0.30 g atom raft-1 h-1, respectively. The uptake rates of POC and Chl. a by suspended oyster culture in Hiroshima Bay are comparable to those reported for densely populated natural oyster reefs and mussel bed in natural environments. The fluxes of SM, SC, SN and SP under the raft were found to be about 60-1,400 g DW raft-1 h-1, 1.4-12, 0.1-0.6, and 0.01-0.06 g atom raft-1 h-1, respectively. The results of the present study revealed the significant role of suspended oyster culture on the uptake of particulate materials from water column and the release of materials to the benthic environment of Hiroshima Bay.
掲載誌名
生物生産学研究
36巻
2号
開始ページ
147
終了ページ
159
出版年月日
1997-12
出版者
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
ISSN
1341-691X
NCID
SelfDOI
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧