このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 33460
本文ファイル
別タイトル
The criterion of successful L2 communication and its implications for English language education
著者
NDC
英語
抄録
この論文では、理論的検討の後、第二言語コミュニケーション成立を「対話者相互が、安定的に第一の意味に基づく解釈の近似的共有が可能になる程度に、お互いが所定の第二言語を似た話し方で、真理概念に基づいて対話を行うこと」と定義する。この理論的定義は、「第一の意味」概念の明示的な導入において第一言語コミュニケーション定義と異なり、「解釈の近似的共有」を基準とすることにおいて、発話を中心にして考える通俗的コミュニケーション定義と異なり、「真理概念」の重要性を説くことにおいて、従来の言語学的・応用言語学的発想あるいはコードモデル的コミュニケーション観とも異なる。最後にこの定義から導かれる示唆が提示される。
掲載誌名
中国地区英語教育学会研究紀要
33号
開始ページ
51
終了ページ
60
出版年月日
2003-06-02
出版者
中国地区英語教育学会
ISSN
0385-1192
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
本論文の著作権は中国地区英語教育学会に属する
部局名
教育学研究科