このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 31674
本文ファイル
別タイトル
Analysis of Self-balancing Production Line with Bottleneck
著者
広谷 大助
キーワード
自己バランス
ブロッキング
生産ライン
ボトルネック
self-balancing
blocking
production line
bottleneck
NDC
技術・工学
抄録
自己バランスラインとは,従来のラインバランシングの手法を用いたラインと異なり,生産環境の変化に対して作業者に仕事が動的に割り当てられることによって,次第に仕事の作業が速い作業者は作業を多く受け持ち,仕事の作業が遅い作業者は作業を少なく受け持つようになり各作業者の作業速度に応じてバランスを保つことができるラインのことである.特に,各作業者の作業開始位置が1点に収束し,生産率が最大になる条件は求められてきた.しかし,ボトルネック区間の存在によってバランスをとり生産率が最大になる条件が変化することが考えられ解析の必要があるが,それを考慮した論文はほとんど見当たらない.本研究では,自己バランスラインにおけるボトルネック区間が存在する場合に対してラインを戻る時間を考慮する場合と無視する場合両方について述べ,自己バランスを達成する条件を解析する.
抄録(英)
In traditional production lines designed using the line-balancing method, each worker is usually assigned to a particular fixed work, and it is valuable to decrease the training task to master the assigned work. However, when an imbalance among workers' speeds exists, the slowest worker will delay the overall work in the production line, and the production rate of the production line will also decrease. To solve this problem, a "Self-Balancing Production Line" was introduced in which each worker is assigned to work dynamically, thus enabling balanced production to be retained. For this kind of line, convergence conditions, where the position of each worker converges to a fixed point and the production rate becomes the maximum, were derived under the same workload. However, in reality bottleneck in which a lot of works have to be processed exists, and few papers assume bottleneck. When considering bottleneck, conditions for maintaining balance that maximize production rate are changed. Therefore, it is important to analyze this effect. In this paper, self-balancing production line with bottleneck is formulated and analyzed for both cases that consider and ignore the walk-back time, and the conditions that enable balanced production are analyzed.
内容記述
社団法人日本経営工学会論文奨励賞受賞論文
掲載誌名
日本経営工学会論文誌
61巻
1号
開始ページ
1
終了ページ
10
出版年月日
2010-04-15
出版者
社団法人日本経営工学会
ISSN
1342-2618
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
社団法人日本経営工学会
本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
関連情報URL(IsVersionOf)
http://ci.nii.ac.jp/naid/110008007326/
部局名
工学研究科