このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 34578
本文ファイル
Thumnail HPR_12_1.pdf 1.09 MB
別タイトル
How did science students decide their college major? Motives for advancing to university, work values, and parental attitudes
著者
塚脇 涼太
坪田 雄二
柘植 道子
キーワード
理系大学生
進学動機
仕事に関する価値観
両親の態度
NDC
心理学
抄録
本研究は、理系大学生を対象とし、進学動機とその規定因としての仕事に関する価値観及び両親の態度について調査を行い、性差の観点から検討することで、理系女子大生の特徴を探ることを目的とした。進学動機については男女で異ならないものの、仕事に関する価値観や両親の態度が進学動機に与える影響については男女で異なる様相が示された。女子の場合、進学動機のうち専門的学びには、仕事で得る知的刺激や仕事を通しての社会貢献、父親からの指示的態度が影響し、これらが高いほど専門的学びを重視して進学を決めていることが示された。男子の場合には知的刺激のみが専門的学びを規定していた。こうした結果をふまえ、女子高校生が理系分野を専攻する心理過程のモデル構築の重要性について考察した。
掲載誌名
広島大学心理学研究
12号
開始ページ
1
終了ページ
14
出版年月日
2013-03-31
出版者
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
ISSN
1347-1619
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧