このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30445
本文ファイル
別タイトル
A Two-year Longitudinal Study on the Periodontal Health Educationfor Junior High School Students using the Oral Rating Index
著者
土井 貴子
林 文子
曽田 芳子
椿本 優子
松崎 陽子
山下 佳織
三浦 一生
キーワード
Oral Rating Index (ORI)
歯周病
中学生
学校歯科保健
疫学調査
Oral rating index
Periodontal disease
Periodontal health care
Junior high school students
Epidemiology
NDC
医学
抄録
中学生における歯周状態の変化を把握するために広島市内の中学生を対象として経年的に調査した。検診後には歯周保健指導を行い,歯周状態の変化について検討した。対象は1998年度に1年次であった生徒, 116名(男子59名,女子57名)であった。歯周状態の評価は, Oral Rating lndex (0RI)を用いた。検診後は生徒自身のORI値による評価を知らせ,歯周病に関するプリント「保健室便り」を配布した。1. 3年次を除き0町の平均値に性差が認められ,女子の方が男子よりも歯周状態は良好であった(1年次:p<0.05,2 年次:p<0.0l)。2. 男子では学年が上がるにしたがってORIの平均値が上昇した(p<0.05)。女子においては3年次でORIの平均値が減少したが, 1年次から2年次にかけてORIの平均値が上昇した(p<0.0l)。3. 男子は学年が上がるにしたがって歯周状態が不良を示す一1の割合が減少した。女子においてー1あるいは-2を占める割合が減少した。以上より,経年的調査においてORIによる歯周状態の評価とプリント形式で配布される「保健室便りJを活用した歯周保健指導が生徒の口腔衛生意識向上の一助になると思われた。
抄録(英)
The purpose of this study was to assess the gingival health and oral hygiene status in junior highschool students and to compare the effectiveness of periodontal education. A two-year longitudinalsurvey was conducted for 116 school students from 1998 to 2000 in Hiroshima, Japan. The Oral RatingIndex (ORl) was used for assessing periodontal status and hislher result was given to each student.A brochure has been provided since 1995, following completion of the fIrst survey. The meanORl score of females was signifIcantly higher than that of males at each grade level, except the thirdgrade in 2000. The mean ORl score of males from 1998 to 2000 signifIcantly increased (p<0.05).There were no signifIcant differences in the mean ORI score of females from 1998 to 1999 signifIcantlyincreased (p<0.01).In conclusion, the results of the present study indicate that an informational brochure on periodon-/tal diseases could be helpful to improve the periodontal condition of junior high school students.
掲載誌名
小児歯科学雑誌
40巻
4号
開始ページ
709
終了ページ
714
出版年月日
2002
出版者
日本小児歯科学会
ISSN
0583-1199
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2002 Authors, 日本小児歯科学会
部局名
医歯薬学総合研究科