このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 35864
本文ファイル
別タイトル
Learning support for children with poor working memory : Difficulties in class among fifth graders
著者
蔵永 瞳
NDC
教育
抄録
本研究の目的は,特定の教科の授業に焦点を当て,児童が普段経験する困難な場面をクラスで話し合い,その対策を考えることで,1人ひとりの児童が授業に参加できるようなクラス作りを行うことであった。また,先行研究から,クラスでワーキングメモリの最も小さい児童がしばしば他児の発言を聞いていないことが明らかになっているが,このような他児の発言を聞くことの困難さが,他の児童にも全般に見られることを確認し,クラスでその問題を共有することも本研究の目的であった。その結果,算数の授業において,話し合っている内容について途中で分からなくなり,話し合いについていけないことがあることが児童により報告され,同じような経験を多くの児童がしていることが確認された。そのような場合,教師に分かったかどうか尋ねられても,児童は,自分から「分からない」とは言いにくいことも報告された。本研究の話し合いを通して,このような授業の課題が教師と児童によって共有されたことに本研究の話し合いの意義があった。
抄録(英)
In this study, fifth graders discussed which difficulties they experienced in mathematics class and what they could do to overcome the difficulties so that everyone could participate in classroom activities. The discussion also sought to reveal that some children had difficulty in keeping up with conversations among other children, which previous research has indicated that children with poor working memory often experience. In the discussion, some children reported that they sometimes missed certain points during conversation among other children, and could not catch up with the conversation, and many children in the class agreed that they had similar experiences. In such cases, children could not say that they could not understand, even when a teacher asked whether they had understood. The discussion was significant because children and the teacher discussed the problems that the children experienced during class.
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
42号
開始ページ
237
終了ページ
242
出版年月日
2014-03-24
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
寄与者
水口, 啓吾
浅川, 淳司
ISSN
1346-5104
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧