このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 40478
本文ファイル
別タイトル
Development of the Curriculum for the Connection Period of an Elementary School and a Junior High School : Through Teachers in Kindergarten Joining Classes at Elementary School
著者
NDC
教育
抄録
本研究は,幼稚園教員・小学校教員がそれぞれの校種の保育・授業に参観・参加し,それぞれの専門性を活かして交流することを通し,幼小接続期におけるカリキュラムの開発に向けた基礎的情報を得ることを目的とする。特に,本研究では幼稚園教員による1年生の授業参加を通して認識した共通点・差異点に着目する。研究の方法としては,幼稚園教員が小学校1年生の生活科・音楽科の授業にT2として参加し,他の幼稚園教員は参観する。その後,幼稚園教員に対して質問紙調査を実施した。また,生活科・音楽科の授業後に,幼稚園教員と小学校教員で授業参加に関する研究協議を実施した。結果としては,次の3点である。1点目は,ねらいによって,受容・共感の言葉がけやねらいに向けて展開していく言葉がけが必要である。2点目は,幼稚園教師は子どもの成長を見ており,小学校教師は子どもを教科の枠で見ていることに違いがあり,この点に関しては接続期において配慮することが必要である。3点目は,ねらいが幼小で同じようでも活動の展開の仕方に違いがあり,子どもの発達に応じて活動の展開を工夫することが必要である。
抄録(英)
The purpose of this study was to develop a connective curriculum between kindergarten and elementary school. To achieve this, the differences between kindergarten and elementary school teachers were investigated. Kindergarten teachers participated in a music or a human life and science class in a team teaching staff or as observers. After this experiences, participants were asked some open-ended questions. The main results are as follows: (1) it is important to express sympathy to and adoption of the aims and goals of the class a; (2) kindergarten teachers tend to focus on the growth of children, compared with elementary school teachers, who focus on the goal of the class; (3) there are differences in the ways of conducting teaching activities even when the aims of classes are same.
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
44号
開始ページ
177
終了ページ
183
出版年月日
2016-03-24
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
教育学研究科
他の一覧