このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39643
本文ファイル
別タイトル
Developing Arts and Crafts Classes that Foster 21st Century Skills: Through Practice Classes Using Soil-Clay at the Second-Grade Elementary School.
著者
NDC
教育
抄録
本研究の目的は,小学校の図画工作科の授業で活用率の低い土粘土を素材とし,「21世紀型能力」の育成を視点にした図画工作化の授業を実践し,その効果を考察することである。研究の方法は,小学校2年生を対象に,土粘土を使って協同的な製作をし,図画工作科として設定した本題材の「21世紀型能力の基礎力・思考力・実践力」の育成にどのような効果があったかを,子どもの様子やアンケートから考察する。研究の結果,「基礎力」とした技能,「思考力」とした創造力,「実践力」とした協調性とも,事後には肯定的な回答が増加し,授業の効果を確認することができた。今後は,協同的な製作で見えにくくなる「個の表現」をどのように見取り,どのように伸ばしていくが課題であり,授業改善の必要性を感じている。
抄録(英)
The aim of this study is to conduct Arts and Crafts classes aiming at fostering '21st century skills' by using soil-clay which is not frequently used in Arts and Crafts class at elementary schools, and to investigate its effect on 21st century skills among pupils. Participants of this study were second-grade elementary school pupils. They participated in a cooperative production using soil-clay. Then, effects of it on pupils' 'basic skills, abilities to think, and abilities to practice in 21st century skills' were examined through observation of pupils' activities and questionnaire. As a result, the class was proved to be effective. After the experimental classes, pupils' positive answers were increased on skills such as 'basic ability', creativity as 'the ability to think', cooperativeness as 'the ability to practice'. Therefore, the class needs further improvement solve problems of how teachers would identify and foster children's 'individual expression', which tends to be hidden under cooperative production.
掲載誌名
広島大学附属三原学校園研究紀要
6巻
開始ページ
131
終了ページ
138
出版年月日
2016-03-28
出版者
広島大学附属三原幼稚園
広島大学附属三原小学校
広島大学附属三原中学校
ISSN
2185-5242
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
applicaion/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧