このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 34707
本文ファイル
別タイトル
Considerations Regarding the Way Teaching "Shosha" Should establish a Mutually Complementary Relationship with Teaching "Traditional Linguistic Culture"
著者
礒野 美佳
NDC
教育
抄録(英)
This study discusses the way of developing a mutually complementary relationship between teaching Shosha and traditional linguistic culture in order to make Shosha attractive to students. Based on the classes of Shosha at a junior high school level, the study views the mutual relationship from the standpoints of its aims and methods, and presents what remains to be seen.
掲載誌名
学校教育実践学研究
19巻
開始ページ
101
終了ページ
111
出版年月日
2013-03-21
出版者
広島大学大学院教育学研究科附属教育実践総合センター
ISSN
1341-111X
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧