このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 26214
本文ファイル
別タイトル
The Word Itself(sábdasvarūpa) in Indian Grammar
著者
NDC
その他の諸言語
抄録(英)
This paper is intended as an investigation of śabdasvarūpa which means 'word itself' of 'word's own form' in Indian Grammar(vyākaraṇa). We have the rule P 1.1.68 svaṁ rūpaṁ śabdasyāśabdasaṁjñā //. The material in this paper is drawn mainly from Patañjali's Vyākaraṇa — Mahābhāṣya on the sūtra which has three main topics as follows.
(1) The purpose of the word 'rūpam' in the rule.
(2) The need of this rule.
(3) The cases which require special anubandhas to refer to the synonyms (paryāya) and the variety (viśesa).
掲載誌名
哲学
46号
開始ページ
86
終了ページ
97
出版年月日
1994
出版者
広島哲学会
ISSN
0495-2200
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
文学研究科
他の一覧