このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45520
本文ファイル
別タイトル
A Study of Health Observation and Learner Autonomy in Students with Severe Motor and Intellectual Disabilities in School Life: Through Behavior Observation of Students and Interview with the Homeroom Teachers
著者
山田 裕一
船橋 篤彦 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
キーワード
重度・重複障害児
健康観察
主体的な学び
children with severe motor and intellectual disabilities
health observation
learner Autonomy in students
NDC
教育
抄録
この論文の目的は、重度・重複障害のある児童生徒の健康状態を客観的に把握することの意義を検討することである。そこで、まず、特別支援学校の重度の知的障害と肢体不自由を併せ有する児童4名を対象に、各児童の担任教師へ学校生活における児童の健康観察表の記入を依頼した。その結果、担任教師が記入した健康観察表をデータ化してまとめたことで児童の学校生活上の覚醒のリズムや姿勢の様子が明らかとなった。次に、収集されたデータをもとに、担任教師へインタビューをおこなった。インタビューの結果から重度・重複障害児の担任は、児童の覚醒や表出について指導の難しさを感じていること、児童の主体的な学びについて環境からの働きかけに気付くことなども主体的な学びと捉えていることがわかった。以上の結果を踏まえて重度・重複障害児の様子を客観的なデータで捉えることの意義や主体的な学びを引き出すための視点ついて考察した。
抄録(英)
The purpose of this study was to examine the significance of objectively ascertaining the health status of children with severe motor and intellectual disabilities (SMID). The homeroom teachers of 4 children with SMID were asked to complete a health log for the students during their time at special needs schools.Data provided by the teachers on the health log were compiled, revealing the children’s patterns of arousal and behavior at school. The teachers were then interviewed based on those data. Interviews revealed that homeroom teachers of children with SMID sense the difficulty of advising students to pay attention and to express themselves. The teachers also encouraged learner Autonomy (e.g. they took care to create conditions in which the children could engage in active learning). In light of these findings, the current study discussed the significance of obtaining objective data on children with SMID and encouraging active learning.
掲載誌名
特別支援教育実践センター研究紀要
16号
開始ページ
103
終了ページ
111
出版年月日
2018-03-21
出版者
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター
ISSN
1883-5406
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧