このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 31581
本文ファイル
別タイトル
Analysis of Discontinuation, Recovery, and Sustainable Management Factors for a University Recycle Market
著者
井山 慶信
竹田 慶
キーワード
リサイクル市
リユース
阻害要因
継続運営
大学
recycle market
reuse
prevention factor
sustainable management
university
NDC
建設工学・土木工学
抄録
多くの大学で「リサイクル市」が実施されているが, 継続阻害要因が多数存在し広島大学でも2000年に一時中断した。過去の運営データを収集し分析した結果, スタッフ不足による「肉体的疲労」の増大, 来場者殺到による「精神的疲労」の増大, 疲労の大きさに対する「満足感・達成感」の不足という三点の継続阻害要因が示された。この三点への対策として「スタッフ募集の強化」「来場者の分散」「寄付という新たな目標の設定」を行い2001年にリサイクル市を再起した。スタッフ数増加により肉体的疲労は軽減され, 寄付という社会貢献の実施により満足感・達成感も向上したが, 来場者殺到による精神的疲労は改善されなかった。そこで2002年は「抽選方式による購入」や「購入者を学生に限定」など改善策を導入し精神的疲労も解決することができた。広島大学での分析結果を基に他の大学でも参考となりうるリサイクル市継続運営チェックシートも作成できた。
抄録(英)
"Recycle markets" have been carried out at many universities, but due to the large number of prevention factors that continue to exist, the markets have been discontinued. The recycle market at Hiroshima University was stopped in 2000. After analyzing past data, results showed that the continuation of recycle markets were not feasible due to human conditions, such as staff numbers being insufficient; this was due to an increase in "physical exhaustion" and "mental stress" with a decrease in the "feeling of satisfaction and achievement." Three main problems had to be tackled in order to change the situation, so a campaign was developed in order to: 1) Recruit a robust volunteer staff; 2) Welcome and manage visitors; and 3) Create a new purpose by showing that participation is a positive contribution, and the recycle market at Hiroshima University was restarted in 2001. Sustainable management of the recycle market was possible when these three factors were taken into consideration and tackled. The new-spirited Hiroshima University example can definitely be followed in order to continue markets at other universities too.
掲載誌名
廃棄物学会論文誌
15巻
3号
開始ページ
208
終了ページ
214
出版年月日
2004-05-31
出版者
廃棄物資源循環学会
ISSN
1883-1648
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2004 廃棄物資源循環学会
関連情報URL
部局名
総合科学研究科
生物圏科学研究科