このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28815
本文ファイル
別タイトル
Factor affecting to productivity improvement in product development project : It centers on Organization structure and Manager action.
著者
新井 智
キーワード
プロジェクト管理
組織構造
管理者行動
Project management
Organization structure
Manager action
NDC
技術・工学
抄録
製造業が競争社会で生き残るためには、短いリードタイムで価値ある製品を供給することが重要である。そのため、多くの企業では、個別プロジェクトで得た知識を体系的に他のプロジェクトへ移転・伝承するための取り組みが行なわれている。そこでは、プロジェクトの個別最適から全体最適へのマネジメントが望まれる。しかし、組み合わされた部品は複雑な技術要素をもつため、試行錯誤による調整などのようなマネジメントの難しさが存在する。

本研究では、プロジェクト間の知識の移転・伝達のマネジメントにおける組織構造とリーダーシップに着目し、その因果関係を分析する。
抄録(英)
In order to survive the competition of today's industries, it is required to develop products continuously with more personal values in shorter development period. Many companies are working on piloting the idea of sharing technical outcomes learned from individual project with others within their organization. Thus the optimization of total knowledge management is required instead of individual project optimization. However, adapting to this type of thinking is difficult in managing coordination by trial and error because parts combined industrial products are systems containing complicated technical factors.

In this research, we studied the correlation between organization structures and leaderships in managing knowledge of different projects.
掲載誌名
地域経済研究
17号
開始ページ
59
終了ページ
74
出版年月日
2006-03-31
出版者
広島大学大学院社会科学研究科附属地域経済システム研究センター
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科
他の一覧