このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 18774
本文ファイル
別タイトル
The playing system of international-class women's volleyball team : A scouting analysis of Russia, Brazil, China in the 2006 Women's World Championships
著者
吉田 康成
吉田 雅行
キーワード
バレーボール
戦術
スカウティング
volleyball
tactics
scouting
NDC
スポーツ・体育
抄録
本研究の目的は,2006年バレーボール女子世界選手権に出場したロシア,ブラジル,中国の試合をビデオ撮影し,橋原他(2005)が開発したスカウティングプログラムにより世界トップレベルの女子チームが使用している戦術プレーを究明することであった。サーブレシーブとアタックレシーブは女子3チームとも類似した守備の仕方をしていた。しかしコンビネーション攻撃は各チームが独自のやり方で攻撃していた。すなわちロシアは2人のエーススパイカーによるオープン攻撃,ブラジルは男子の4人攻撃に類似したコンビネーション攻撃,中国はブロード攻撃とクイックスパイクを同時に使用するようなコンビネーション攻撃を多用していた。
抄録(英)
The playing system for service reception, combination attack, block & dig were analyzed with the scouting program developed by Hashihara and others (2005). The playing system for service reception and block & dig were similar through top three teams. But the combination attack was different from team to team. Most of Russian attack were the spiking from high set ball by two ace players. Brazil used often the four-hitter attack that was played in men's volleyball game. China used such a combination that two quick hitters approached simultaneously for the different two kinds of quick sets, for example, one for quick set and the other for one-leg takeoff set.
掲載誌名
バレーボール研究
9巻
1号
開始ページ
19
終了ページ
24
出版年月日
2007
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
author
権利情報
Copyright (c) 2007 バレーボール学会
部局名
総合科学研究科