このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14863
本文ファイル
Thumnail vb_6_15.pdf 1.66 MB
別タイトル
A development study on scouting program by use of cinematography : an analysis of serve reception of volleyball
著者
濱 景子
キーワード
偵察
プログラミング
バレーボール
サーブレシーブ
scouting
programming
volleyball
serve reception
NDC
スポーツ・体育
抄録
本研究の目的は,バレーボールのサーブレシーブに着目し,画像解析によるスカウティング分析プログラムを開発することであった。ビデオカメラとノート型パソコンをアルファデータ社製ビデオキャプチャー・アダプターで接続し,競技場面の映像をパソコンのスクリーン上に取り込んで分析した。バレーボールコート四隅を較正点として使用し,DLT係数を算出した後,競技場面の静止画像をもとに,レシーブ隊形やレシーブ位置を算出して図示した。そして選手別,ローテーション別にレシーブ回数やレシーブ成績を統計処理して表示した。作成したプログラムは,試合を撮影した録画テープを再生しながらテストした。
抄録(英)
This study was designed to prepare the scouting program by use of the cinematography, and to analyze the skill of serve reception during the volleyball games. The cinematographic image taken by the video camera during the game was reflected on the screen of notebook computer. After digitizing the middle point of player's feet, the position of serve receiving formation and the location passed actually were calculated by Two-dimensional Direct Linear Transformation Method. The performance of serve reception was evaluated into three grades, where a pass that can be set into combination play was +1, a pass that can be set to either end spiker was 0, an ace or pass that can't play attacking was –1. The analyzed data was expressed graphically on the screen so that the coach could supplement important strategy in brief time-out period. The scouting program has been tested and validated as video tape recorded the match was played back.
掲載誌名
バレーボール研究
6巻
1号
開始ページ
15
終了ページ
21
出版年月日
2004
出版者
バレーボール学会
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2004 バレーボール学会
部局名
総合科学研究科