このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 34654
本文ファイル
別タイトル
Curriculum development in special supportive class at junior high school : Toward the examination of the educational contents from the viewpoint offuture carrier life
著者
落合 俊郎
NDC
教育
抄録
特別支援教育において中等教育段階では特に,職業教育,進路指導の充実を図ることが求められている。全教育活動を通じてキャリア教育の視点を踏まえた実践の充実が求められている。本校では従来の作業学習から「働くこと」への意欲を中心に据えた指導を行う「職業生活」を独自に実施することとした。本研究では「キャリアマネジメント」の視点に立ち、従来の作業学習で培ってきた技能や態度ばかりでなく、役割分担と分業による協労によって、他者との関係の中で生徒一人一人が責任を感じ、自らが判断し、適切な行動選択を行いながら主体的に働こうとする姿をめざす。さらに、ワークシステムを応用し、職業的な意味づけする独自の指導方法により、自己選択力・自己決定力、自己評価力、課題遂行力といった就労に必要な力をつけることができた。これらの指導方法を融合する独自のカリュキュラムを提案する。
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
41号
開始ページ
63
終了ページ
68
出版年月日
2013-03-22
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧