このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 46885
本文ファイル
別タイトル
Argulus japonicus (Branchiura: Argulidae) parasitic on a koi carp, Cyprinus carpio, reared in Hokkaido, northern Japan
著者
長澤 和也 大学院生物圏科学研究科
キーワード
Argulus japonicus
Cyprinus carpio
Branchiura
fish parasite
Hokkaido
NDC
動物学
抄録
これまでに北海道から報告されたチョウArgulus japonicus Thiele, 1900 には形態に関する情報が伴っていなかった.そこで,北海道余市町の一般家庭で飼育されていたコイ(ニシキゴイ)の体表から採集したチョウの形態を記載した.コイへの寄生は北海道内の観賞魚店で購入したキンギョをコイ飼育水槽に収容後に見られたため,キンギョに寄生していたチョウがコイに感染したと考えられた.また,北海道におけるチョウ属エラオ類の過去の記録を整理するとともに,1930 年に北海道南部の湖沼からカイアシ類として報告されたArgulus sp. はチョウであった可能性を示唆した.
抄録(英)
Four females of the argulid branchiuran Argulus japonicus Thiele, 1900 were collected from the body surface of a koi carp, Cyprinus carpio Linnaeus, 1789, reared in a tank by a hobbyist in Yoichi, Hokkaido, northern Japan. Since A. japonicus was previously recorded from Hokkaido without any morphological information, the present note briefly describes the species based on the specimens collected. The infection of A. japonicus was recognized soon after goldfish, Carassius auratus (Linnaeus, 1758), purchased at a pet shop in Hokkaido were released into the tank where the koi carp was held, and it is very likely that A. japonicus from the goldfish parasitized the koi carp. The past records of A. japonicus and Argulus sp. from Hokkaido are reviewed, and the latter species reported in 1930 from lakes in southern Hokkaido is herein suggested to be A. japonicus from wild fishes.
掲載誌名
日本生物地理学会会報
73巻
開始ページ
201
終了ページ
204
出版年月日
2018-12-20
出版者
日本生物地理学会
ISSN
0067-8716
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2018 The Biogeographical Society of Japan, 日本生物地理学会
論文ファイルの利用は著作権の範囲内に限り認められます。
部局名
生物圏科学研究科