このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45875
本文ファイル
別タイトル
Rediscovery of the salmonid parasite Salmincola californiensis (Crustacea: Copepoda: Lernaeopodidae) and identification of its host in the Ôtaki River, a tributary of the upper Kiso River, central Japan
著者
長澤 和也 大学院生物圏科学研究科
川之辺 素一
熊川 真二
松澤 峻
竹花 孝太
キーワード
Salmincola californiensis
Salmincola yamame
Copepoda
fish parasite
rediscovery
Oncorhynchus masou ishikawae
Salvelinus leucomaenis japonicus
NDC
動物学
抄録
長野県の木曽川上流域にある王滝川は,ヤマメナガクビムシSalmincola californiensis のアジアにおける分布南限地であるとともに,本種の異名であるSalmincola yamameのタイプ産地である.今回,王滝川本流と3支流(上黒沢,西野川,中沢川)でアマゴとヤマトイワナを採集し,本種の寄生状況を調べたところ,上黒沢で得たアマゴに本種の寄生を認めた.これは王滝川における本種の64年ぶりの再発見である.ヤマトイワナに本種の寄生は見られなかった.Salmincola yamameの記載時にヤマメと報告された宿主名は誤りで,正しくはアマゴであることを示した.
抄録(英)
The Ôtaki River, a tributary of the upper Kiso River in central Japan, is the type locality of Salmincola yamame, a junior synonym of Salmincola californiensis, and is the southernmost locality of the species in Asia. A survey on the occurrence of S. californiensis parasitic on landlocked salmonids was conducted in the main stream and three tributaries (Kami-Kurosawa Stream, Nishino River, and Nakazawa River) of the Ôtaki River in June 2017. Female specimens of S. californiensis were collected from amago Oncorhynchus masou ishikawae in the Kami-Kurosawa Stream. This represents a rediscovery of Salmincola californiensis from the Ôtaki River. Yamato charr Salvelinus leucomaenis japonicus were not infected. The host species in the original description of S. yamame was misidentified as “yamame, a landlocked form of Oncorhynchus masou” and should be corrected as amago O. masou ishikawae.
掲載誌名
日本生物地理学会会報
72巻
開始ページ
253
終了ページ
257
出版年月日
2018-01-20
出版者
日本生物地理学会
ISSN
0067-8716
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2018 The Biogeographical Society of Japan, 日本生物地理学会
論文ファイルの利用は著作権の範囲内に限り認められます。
部局名
生物圏科学研究科