このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45016
本文ファイル
別タイトル
Salvelinema salmonicola(Nematoda: Cystidicolidae) parasitic in gogi charr, Salvelinus leucomaenis imbrius(Salmonidae), in Shimane Prefecture, Japan
著者
長澤 和也 大学院生物圏科学研究科
河合 幸一郎 大学院生物圏科学研究科
NDC
動物学
抄録(英)
The gogi charr, Salvelinus leucomaenis imbrius Jordan and McGregor, 1925, is endemic to western Honshu, Japan, and its parasite fauna remains poorly studied. The cystidicolid nematode Salvelinema salmonicola(Ishii, 1916)was collected from the swimbladder of gogi charr in the Mikazura and Akadani rivers, tributaries of the Takatsu River, Shimane Prefecture, Japan on 8 August 2017. These collections represent a new host record for S. salmonicola.
内容記述
ホシザキグリーン財団委託業績 第120号
掲載誌名
ホシザキグリーン財団研究報告
21号
開始ページ
268
終了ページ
268
出版年月日
2018-03
出版者
ホシザキグリーン財団
ISSN
1343-0807
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科