このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 44659
本文ファイル
別タイトル
日本産メダカの寄生虫目録(1929-2017年)
著者
Nagasawa, Kazuya 大学院生物圏科学研究科
キーワード
bibliography
medaka
Oryzias latipes
parasites
synopsis
寄生虫
文献集
メダカ
目録
NDC
動物学
抄録
1929-2017年に出版された文献を用いて,日本産メダカの寄生虫目録を作成した。本目録は2012年に日本語で出版した同名目録の追補改定版である。本目録では,メダカから報告された各寄生虫の情報を最新の学名,異名,寄生部位,地理的分布,記録(報告書と報告年)に整理した。その結果,2017年までに日本産メダカから27名義種の寄生虫が次の分類群からで報告されていたことが明らかになった:繊毛虫類(6種),条虫類(1種),単生類(1種),吸虫類(9種),線形動物(3種),二枚貝類(5種),カイアシ類(1種),エラオ類(1種)。また本目録では,それらに加えて,種まで同定されなかった繊毛虫類,単生類,吸虫類,ダニ類の各種に関する情報も含めた。日本のメダカ研究施設で問題になる寄生虫として,体表に寄生する単生類の1種Gyrodatylus sp. があり,注意を要する。
抄録(英)
Information on the protistan and metazoan parasites of medaka, Oryzias latipes (Temminck and Schlegel, 1846), from Japan is summarized based on the literature published for 89 years between 1929 and 2017. This is a revised and updated checklist of the parasites of medaka published in Japanese in 2012. The parasites, including 27 nominal species and those not identified to species level, are listed by higher taxa as follows: Ciliophora (no. of nominal species: 6), Cestoda (1), Monogenea (1), Trematoda (9), Nematoda (3), Bivalvia (5), Acari (0), Copepoda (1), and Branchiura (1). For each parasite species listed, the following information is given: its currently recognized scientific name, any original combination, synonym(s), or other previous identification used for the parasite from medaka; site(s) of infection within or on the host; known geographical distribution in Japanese waters; and the published source of each record. A skin monogenean, Gyrodatylus sp., has been encountered in research facilities and can be regarded as one of the most important parasites of laboratory-reared medaka in Japan.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
56巻
開始ページ
71
終了ページ
85
出版年月日
2017-12-15
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧