このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 44652
本文ファイル
別タイトル
養殖マダイにおけるタイノエの稀な寄生
著者
Nagasawa, Kazuya 大学院生物圏科学研究科
Tanaka, Shinji
キーワード
aquaculture
Ceratothoa verrucosa
Cymothoidae
fish parasite
Isopoda
Pagrus major
ウオノエ類
魚類寄生虫
水産養殖
タイノエ
等脚類
マダイ
NDC
動物学
抄録
三重県南伊勢町神前浦で養殖されていたマダイ当歳魚の口腔に等脚類ウオノエ科のタイノエ Ceratothoa verrucosa(Schioedte and Meinert, 1883)の寄生を認めた。タイノエは雌で腹面を宿主の口蓋に向けて寄生していた。三重県では養殖海水魚の魚病診断記録が1985年4月から蓄積されている。2017年7月までの32年間に調べられた14,591尾以上の養殖マダイにタイノエの寄生が認められたのは本件を含めて僅か2件であった。これは,タイノエが養殖マダイの極めて稀な寄生虫であることを示している。
抄録(英)
An immature female of the cymothoid isopod, Ceratothoa verrucosa (Schioedte and Meinert, 1883), was found to be attached ventrally to the roof of the buccal cavity of a red seabream, Pagrus major (Temminck and Schlegel, 1843), cultured in Kamisakiura Cove, Mie Prefecture, central Japan, in July 2008. Since April 1985, data on the diseases of marine fishes cultured in this prefecture have been taken at two prefectural organizations, but only two records of C. verrucosa infection, including the present case, were found in those long-term data from an examination of more than 14,591 farmed red seabream from April 1985 to July 2017. This indicates that C. verrucosa is an extremely rare parasite of farmed red seabream in Mie Prefecture.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
56巻
開始ページ
1
終了ページ
5
出版年月日
2017-12-15
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧